「自立した学びを実現する場づくり(ワークショップ型の学び)」「自分らしく楽しく学ぶ!!」そんな授業をめざして、わくわく、楽しく、学びづくりしています☆ 3歳のカワイイ娘ちゃんとの毎日、ワークライフバランスについても綴っていきます。 ママ先生方、ワーママさん、奮闘生活をぜひぜひ、共有しましょう!

ママ先生、いよいよ with コロナの授業スタート! vol.3

待ち遠しかった週末・・・! 今週は、全員登校&給食がスタートしました。全員登校は、まあ・・・その方がこれまでも長かったので、労力的にはそんなに・・・ですが、 やはり個別支援が落ち着いてできる環境ではなくなってしまいました。 これはだいぶ残念な…

ママ先生、いよいよ with コロナの授業スタート! vol.2

今回は第2位の、 「より、「個(ひとり)のチカラ」にクローズアップ」 について書きます。 昨日、分散登校5日目が終了しました。 分散登校は残すところあと、月曜の1日だけ。 分散登校の期間中、ず〜っと感じていたのは、何と言っても、少人数クラスの良…

ママ先生、いよいよ with コロナの授業スタート! vol.1

とうとう、学校が再開しました。 今年度、3度目の異動。そして、新しい職場だというのに、中間管理職的な立場にかわり、学校経営に随分踏み込んで仕事をするようになりました。 ムスメちゃんは、めでたく5歳に。年中さんです。早い〜〜〜〜!あと2年!! …

『教科の一人学び「自由進度学習」の考え方・進め方』読書メモ!

愛知県知多半島の小学校で、こんなガチンコのすんごい実践が、なんと1980年代から実践されていた。 「自由進度学習」は、数年前からとても興味があり、不勉強なまま、一回だけトライして、すぐに自爆したのだった・・・。 その時にわかった(思い知った…

対話の時間(道徳)「学校に来て学ぶのはなんのため?」

「学校に来て学ぶのは何のため?」で久しぶり!!に、対話の時間を行ないました。 「学ぶ」ことは一人でも、家でもできる。通信教育もあるし、家庭教師というものもあるし、近年はeラーニングでも個に合った学びができる。では、わざわざ学校に来て学ぶのは…

「なぜ、大造じいさんは、残雪を打たなかったの?」サークル対話2回目

大造じいさんとガン「なぜ、大造じいさんは、残雪を打たなかったの?」サークル対話2回目。 昨日に続き、大造じいさんとガン、対話学習第2回目。 朝、黒板に、朝学習の時間にやることとして 「今日の問いに対する自分の考えをもち、メモしてね〜!」 と書…

「大造じいさんとガン」 サークル対話スタート〜!

かねてより、道徳や、国語の「話す聞く」の単元やでスタートしていた対話指導。 ちょぴっとずつ、積み重ねてきて、少しずつ、力がついてきたかな!? 5年生の国語の、「大造じいさんとガン」、こちらも往年の名作! で、サークル対話を始めました〜。 まず…

対話の時間に、なんとも言えない、5年生の子どもたちの温かさにひたる・・・♡

以前から遅々としながらも、対話の仕方を「Yes,and~」を皮切りに、練習してきています。運動会練習でなかなか時間が取れないながらも、一つ一つ積み重ねています。 11月の校内研では、私が授業をすることになっていて。 本校の校内研で重視している「聴い…

「Yes,and〜」ゲームで対話学習開始!

2学期がスタートし、慌ただしい日々が舞い戻ってきました! 「保育園、いきたくない〜」 と言う娘をなだめつつ、7:00に家を出る日々の再開。 以前から考えていた通り、道徳の時間を利用して対話の学習を始めていくことにしました。 昨年度は、対話とは…

2019 夏の変化を書いてみる

この夏、なんだか変わったことが色々ある。 「なんだろうなー」と思うので書いてみる。 <その一>ランニング まず、7月末に行った人間ドックで、ふと手に取った雑誌がターザンのランニング特集(笑) 気になってしょうがなかった。体は、鈍りに鈍っている…

キッザニアデビューしました!

ずっと前から気になっていた、キッザニア東京、ついに行ってきました! ムスメ4歳。いろんなことに興味を持ち、ごっこ遊びも大好き。 そろそろ、いいかもしれないな〜と思い、調べてみたところ、3歳から入れるとのこと! これは、行かない手はないじゃない…

第1回、ビブリオバトル開催!盛り上がりました〜!

あすこまさんのリーディング講座に行ってから、意識的に読書の時間をとってきました。そしてついに、昨日、ビブリオバトルをやってみました〜! う〜ん、面白かったです。私自身、初めての試みでしたが、子どもたちと一緒にとても楽しめました。 以下のよう…

教室をフリーアドレスに

最近、職場で聞かれたのでふと気がついたのですが、 そう言われてみたら、今年度はほとんど、教室の座席はフリーアドレスにしています。 基本はグループの形(アイランド型)なのですが、 黒板を使って何かを話すときや、色々な学習活動を行うときは、 「見…

あすこまさんの、リーディング講座に行ってきました!

川崎で行われた、あすこまさんの、リーディングワークショップ講座に行ってきました! あすこまさんは、ナンシー・アトウェルさんの『インザミドル』という著書の翻訳をされた方です! 長年、ライティングワークショップ・リーディングワークショップを実践…

わくわく☆自由学習 (探究学習)盛り上がってます

自由学習(探究学習)のギャラリーウォークをしました! 自由学習(探究学習)をスタートさせて2週間。 子どもたちは、自主学習ノートにそれぞれの個性あふれる自由学習をまとめてきています。 毎日見るのが楽しいです! 天気に興味を持ち、様々な追究を継…

「アイランド型&ぽっかぽかコーナー」で先生も子どももハッピー☆

今年度の教室配置は、常にアイランド型(グループ)を周囲に配置し、中央にマットをひいてちゃぶ台を置いています。 ・基本が、子どもたちの活動中心の授業である・動けるスペースと機会を作る・多目的スペースの確保・集中的にミニレッスン(一斉指導)をす…

探究学習スタート!題して「わくわく☆自由学習」盛り上がってます♩

今年度の自立学習の柱は、探究学習です! 題して、「ワクワク☆自由学習」。 自立学習(設定された時間に、学校でもやれるし、家庭学習でもやれる学習)では、昨年度までは国語・算数の補充的な宿題プリントも出していました。 これは、学年で「毎日宿題を必…

自分が「大切にしたいこと」に気がついた、スタートの一週間!

あっという間の一週間が過ぎました。 皆さんは、どんな一週間でしたか? クラスは、柔らかい雰囲気で、穏やかに人間関係も入り混じり始めている感じです。 リフォームプロジェクトからスタートし、その後、アイスブレイクの遊びをたくさん行いながら、全ての…

ママ先生流、教室リフォームプロジェクト31年度バージョンでFUNFUN3DAYSスタート!

昨日、無事に始業式・学級開きをすませました〜 この3学期は、ブログを更新できない日々が続き・・・、あっという間に 新年度を迎えました。 このブログ空白の期間は、自分的に色々と考えていた期間でもありました。 そして、新年度は、その思考期間を経て…

「公平な対話」そして「ダイナミックマインドセット」!〜オープニングマインドから生まれた変化〜2

久々投稿です・・時間が空いちゃってすみません。。 ○子どもたちが、自分たちで対話を活用し始めた これも、象徴的なエピソード。 私が体調不良で休んだ日、補てんの先生が入ってくださったのですが、 子どもたちが、話し合いたいことがあるから、 この時間…

本音で語り合うこと 『オープニングマインド 子どもの心をひらく授業』から生まれた変化1

何よりも大きい変化だと感じるのは、 「子どもたちが本音で語り合うようになった」 ということです。 もちろん、常に、全員が、というわけではありません。 でも、徐々に、その時間や人数は増えてきています。 以前、「ごんぎつね」のサークル対話について書…

2学期はこの本で「楽しみ」&「学び」ました☆ 『オープニングマインド 子どもの心をひらく授業』

「ごんぎつね」で本格的に学びに活用したサークル対話ですが、 子どもたちに「対話」について教える際、かなり参考にさせてもらった本があります。 それが、この本。 『オープニングマインド 子どもの心をひらく授業』ピーター・ジョンストン著 です。 訳者…

忙しすぎる子どもたち

昨日、中学校の家庭科の先生とお話しする機会がありました。 小学校での家庭科の学習内容と実習内容が知りたいということから始まった会話ですが、行き着いた先は、子供たちの多忙さが深刻であるということでした。 お味噌汁を作らせたら、味噌を溶かずにそ…

サークル対話で「道徳」〜対話のスキル進化中!〜

国語「ごんぎつね」でサークル対話を経験した子どもたちですが、 道徳でも、サークル対話を行っています。 つい最近の、今週の道徳でも、オールサークル対話で行いました。 教材は、Eテレの番組動画で、「u&i」の「ちゃんとやって!」です。 これ、多様性・…

FUNFUN3DAYSその後〜学年後半戦に差しかかるとこんな感じになってます〜

今の、自立学習と係活動の状況を書きたいと思います。 自立学習を見ていて最近感じるのは、 漢字学習が安定してきたなあ〜ということ。 1学期は、既習の漢字を書けないということや、書字の雑さに 大きな課題を感じ、どうしたものかと悩みましたが・・・ 根…

教師の想定を軽々と超えていくこと 〜サークル対話の良さって?〜

ごんぎつね を終えて、あたらめて考えたこと <サークル対話の良さって?> 一言で、 「教師の想定外の子どもの学びを生み出す、引き出す」 ということかと感じました。いわゆる、教師の介入をとことん無くし、子どもたちが自分たちだけで話し合いをすること…

首藤先生ビビッと語録〜首藤先生をお招きして〜

昨日、友人と主催する学び(遊び)サークルに、千葉大学名誉教授の首藤久義先生に、お越しいただきました! 首藤先生は、国語の教科書の編纂に長い間たずさわっていらっしゃるかたで、もう、国語の大御所!です。すごい方です! 今回、首藤先生にお会いでき…

ごんロス状態!〜「ごんぎつね」サークル対話その後〜

前回書いた、サークル対話のその後について、書きます! 「ごんぎつね」で挑戦した、サークル対話。 全6回、子どもたちによる問いについて、対話を重ねてきました。 単元を通して、サークル対話をすることで、一歩一歩、積み重ね、 対話のスキルを身につけ…

サークル対話で「ごんぎつね」〜対話のスキルを伝授中!〜

今回は、3つ目の、対話を重視した道徳・国語(読み)授業について、書きます。 夏休み中に読んだ本で、(正しくは、出版前の原稿の段階) 対話からの学びの重要性を再発見しました。 子どもたちが、自分たちで対話ができるようになれば、 多くの学びをサポ…

算数は子どもに授業をしてもらっちゃおう!

次は、二つ目の、「算数子ども先生」についてです。 「自分たちで授業を進めるという意識をもつ」 というのが、校内研で目指す姿の一つとして挙げられています。 夏休み中に、「そこがなかなか難しいよねえ〜」という話になりました。 そこで、ふと思いつい…