「自立した学びを実現する場づくり(ワークショップ型の学び)」「自分らしく楽しく学ぶ!!」そんな授業をめざして、わくわく、楽しく、学びづくりしています☆ 3歳のカワイイ娘ちゃんとの毎日、ワークライフバランスについても綴っていきます。 ママ先生方、ワーママさん、奮闘生活をぜひぜひ、共有しましょう!

懐かしい人々に会って、自分のライフデザインについて考える

先日、中学の同窓会がありました。

卒業して、25年が経ちます。男性の年祝いの年ということで、

地元にいる女性陣が幹事になって、企画してくれました。

女性の年祝い(33才時)にも同じように同窓会やってたらしいけれど、

私はおそらく全く気が向かずに・・・参加しなかったのでした。

今回、ふと、参加してみたいな、と思い、ほぼ初めての同窓会参加。

中学の同級生で、今も付き合いがあるのは1人だけ!

他の人は、全く音沙汰なく、記憶も中学生のまま・・・

行く前は、一体、どんな顔して何話せばいいのやら。不安なくらいでした。

 

ドキドキしながらも、行ってみれば、受付のところで即、

「〇〇ちゃん!?!?うわあ〜!久しぶり!!!」

てな感じで、いきなり盛り上がったのでした(笑)

 

田舎の中学で、人数も少なく、全部で70人ほどだったのかな。

そのうち、30人が集まりました。

中学生から、みんないきなり四十路のいい大人に変身。

タイムスリップしたかのようでした。

 

中学時代は、内気で(多分)、コンプレックスの塊で(確か)、

置かれていた卒業アルバムの表情が怖くて(!)びっくりしたほどの当時の自分。

当時の印象からは多分結構変わったであろう私のことを、みんな

「わがっちゅ!!(分かるよ!!)変わんねにゃあ〜〜〜!!(変わらない〜〜!!)」

と言ってすぐに受け入れてくれました。

もしかしたら、そんなことを気にしていたのは、自分だけなのかもしれない。

 

立派な大人になった様々な友人達の、これまでの話を聞いていると、

一人一人の背景にある25年の月日を感じたのでした。

なかなか25年を感じることって、ないです。

 

友人が複数名、様々な理由で亡くなっていました。

 無事この場に集まることのできた同級生達。

何よりそれが、ありがたいことだな、と感じました。

結婚、子育て、離婚、仕事、転職、生活拠点の移動などなど・・・

30人、それぞれの背景の25年があるようでした。

 

たわいもない会話から・・・

25年の月日の流れを感じる、貴重な機会。

かなり不思議な感覚でした。

 

この不思議な感覚を、帰宅してからも、味わっています。

いろんな人生がある。

さあ、自分はこれからどんな風に生きていこう。

 

リタイヤしてもう6年が経つという恩師が、

「今、40でしょう。これからもっと色々あるわよ。」

と言っていたのが、「おお〜!」と心に沁みました。

説得力が、ハンパない。

 

幼い娘もいるし(夫も←後回し)、仕事もあるし、家もあるし・・・。

それぞれのことに必死になって、日々、生きている。

かなりの制約があるとも言える。

自分のことは、最も後回しになっている現実。

でも。

どこで、どう生きようとも、

この人生は、たった一つの、自分の人生。

私自身が、今までも、この先も、どう生きて生きたいか、

決めることのできる、人生のオーナーだ。

当たり前のことなのだけど、そういうことを、改めて感じた同窓会でした。

 

なんというのかな。

ギュッと、何かで自分をしばっていたのを、

ふっと、力を抜いて、緩めた感じ。完全に外れはしないけれど。

それが、四十路の、これまで自分が作ってきた、自分という人生なのだろう。

 

みんなそれぞれのフィールドで、それぞれに精一杯生きているということを感じたのでした。

私も、さらにアクティブに、クリエイティブに、楽しく。

今ここにいる自分自身を、思い切り、生きよう。これからも!

 

f:id:hiwahiwa3:20180814122213j:plain