「自立した学びを実現する場づくり(ワークショップ型の学び)」「自分らしく楽しく学ぶ!!」そんな授業をめざして、わくわく、楽しく、学びづくりしています☆ 3歳のカワイイ娘ちゃんとの毎日、ワークライフバランスについても綴っていきます。 ママ先生方、ワーママさん、奮闘生活をぜひぜひ、共有しましょう!

魔の家中インフルエンザ&大雪到来。

4年ぶりに首都圏に大雪警報が出た昨日。

うちの状況はというと、

娘がインフルエンザで保育園欠席、

預け先の義母もインフルエンザ発症、

自宅の夫、急性胃腸炎。(インフルかも?)

私、連日一日中マスク生活。

という恐ろしい事態に陥っています。

 

娘が発症した日に私が欠勤し、

次の日は夫がちょうど休みだったので夫が担当(ここで多分感染?)、

義母はおそらくその前日に娘を預けた際に感染したと思われる。

土日を挟んで、昨日。

義母が解熱したというので、申し訳ない気持ちでいっぱいだったけど、

娘を預かってもらった。

しかし昼過ぎから大雪のため、車での送迎が大変ということで、

寝込んでいる夫の元に午後早々、娘が帰宅。

 

私はというと、自分もいつ発症するかわからないので、

なるべく欠勤を避け、出勤させてもらった。

もう10:00すぎると窓の外にはちらほら雪が舞い始め、

クラスの子たちは大興奮!!

帰宅時間帯は大雪だったので、横断歩道で見守り後、

早退させてもらってすぐにバス停へ!!

まだバス時間には早かったけど、バス停にはちょうど満員御礼になっているバスが。

遅れてきたそのバスに飛び乗り、ぎゅうぎゅう詰めになって駅へ。

駅のロータリーは、16:00というのにバス待ち、タクシー待ちの人々ですでに

ごった返していた!

やっぱり今日はみんな早いんだーと思いながら駅のホームへ。

するとまたまた発車間際の電車に間に合い、乗ることができた。ラッキー!

乗り換えの駅では、乗り換えのホームに着くと、

ホームから人が溢れんばかりに待ち人が・・・

ここでは残念ながら、やはり遅れている電車を待って乗車。

でも最速で帰宅できたと思う!

 

家に着いたら、もうすでに玄関前が雪で埋まっている!

ので、4年前の悲劇(甘くみていた)を思い出した私は、すぐさま雪かき開始。

娘と夫が臥せっている今、私がやるしかないではないか!!

実家(山形)の雪を思えば、こんなん大したことない。

駅からも長靴で走って帰ってきた!雪道を走っていたのは私だけ(笑)

 

最後にウッドデッキの上に雪だるまを作って終了。

インフルのため、外で雪遊びできない娘のため・・・

 

家に入ると、解熱して意外に元気な娘が

「ママ、ちゅめたかったでしょう〜」

と迎えてくれてほっこり。

しかしその横でうずくまっているオット氏・・・

夫にしてみれば、雪かきなんかいいから、早く入ってきてほしかった・・・

かもしれない。

「ごめんよ、オット。

 でもわたしゃ、明日も出勤するんだよ・・・」

と思いつつ、

娘をお風呂に入れる。

「雪遊びしたかったよー」

という娘に、タッパーに雪を入れてお風呂場に持って行ってやった。

風呂の蓋をあける前に、ミニ雪だるまを一緒に作った。

 

娘はそれで上機嫌。

しかし、風呂の蓋を開けて、ミニ雪だるまを風呂の淵において遊んでいたら、

溶けてきてつるんと滑り、風呂にダイブ。

無残にも一瞬で姿を消した・・・・!!!!

ムスメのテンションだだ下がり!!

 

「雪だるまさんは、熱いと、溶けちゃうんだね。お外に帰って行ったんだよ!!」

となんとかなだめすかし、その場をしのいだのでした・・・。

 

そんなこんなで、今朝。

心配して外を見たけど、

積雪は15センチくらいかな。4年前と比べたら大したことない。

これなら、なんとか出勤できる。よかったあ〜!!

4年前は、30センチはあったな。駅に着くまで、一体どれぐらいかかったか。。。

私は雪国出身なので、30センチ積もったくらいで

あんな悪夢のようなことになるとは思っていなかった。

悪夢とは・・・!?

家の前から駅まで、30センチの雪で覆われ、

一歩一歩、ひざ上までズボズボ埋まって歩く!!!

いつもなら駅まで徒歩15分程度の道のりが、何時間にも感じられた!!!

実際、30分以上かかった。

 

雪国では、除雪車が早朝、道路を除雪しておいてくれるのは当たり前だった。

それが、湘南には、当たり前だけど、ない!!!

そんな当たり前に、その時初めて気がついて愕然としたのでした。

南関東の雪をなめてはいけない!!!!

というわけで、今日も油断大敵!(家の中も外も・・・)

 

がんばります!・・・とほほ〜

早朝たたずむ、雪だるま・・・コワイ!!

f:id:hiwahiwa3:20180123051115j:plain