「自立した学びを実現する場づくり(ワークショップ型の学び)」「自分らしく楽しく学ぶ!!」そんな授業をめざして、わくわく、楽しく、学びづくりしています☆ 2歳のカワイイ娘ちゃんとの毎日、ワークライフバランスについても綴っていきます。 ママ先生方、ワーママさん、奮闘生活をぜひぜひ、共有しましょう!

嬉しかったこと!初!ちょこっと追試してもらいました。

昨日、校内の研究授業がありました。

そして、とても嬉しい気持ちになりました。

 

6年生の算数で、少人数の学習でしたが、始まってすぐに、「おや!?」と気がついたことがありました。

なんか、この感じ見たことがある、すごく・・・!

今日の授業では、問題を提示された後、子どもたちが自分の考えをワークシートに書き、その後、3人に説明する、という活動をやっていました。そして、ホワイトボードが「まだ」「わかる」「説明できた」の3つのコーナーに分かれており、名前マグネットを自分で動かしていく、ということをやっていました。

 

子ども側の目的や教師側の意図、学び合いのシステムなど、細かいところではだいぶ違いましたが、「学びの場の設定」というところは、私が昨年度、同じく校内研で公開した時の授業の場の設定とそっくりでした。

具体的には、子どもたち同士で席から立ち、動き回り、自分の考えを説明し合う。そして、自分の進捗状況をホワイトボードにマグネットで可視化する、という部分が、全く同じでした。

 

今日の6年生の先生たちは、これを「全員算数」と呼んでいました。

素直な子どもたち一人一人の言葉が、この学び合いの場面では数々聞かれ、とてもいい雰囲気を作り出していました。

 

協議会では講師の先生はじめ、賛否両論、様々にありましたが・・・

 

わたしが感じたのは、一人ひとりが、自ら動き、語り合い、学び合う姿って、やっぱりいいなあっていうこと。

ガゼン、子どもたちが生き生きします。全員座って一人ひとり挙手して話すのとは違います。

自由に動いて学んで良い、というのは、子どもたちを一気に主体的にすると思います。

 

昨年度のわたしの校内研で公開した授業の一部分を、活用していただけた思いがして、とても嬉しかったです。(違うのかもしれないけど!?うぬぼれかもですが・・・!でも、この学校でこういうのを見たのは自分の授業以外で初めてでした)

 

細かい部分ではだいぶ違う、と書いたのは、

 

今日の6年生の授業では、

・できた子同士が、3人に説明することが目的になっていた。

・どの子が説明するところまで行ったか、行っていないか、それを教師側が把握するための可視化になっていた(子どもたちが「自分もやらなきゃ」っていう意欲喚起にはなっていた)

 

のですが、

 

昨年度の自分のクラス(1年生)の授業では、

・自分の考えを書くだけでなく、説明できるということが、より理解したことになる、ということを子どもたちと共有し、それが目的になっていた。

・分からなくて困っている子に、どうやったらわかってもらえるか、その子が分かるような説明はどんな説明かを考えながら、説明をしていた。

・ホワイトボードの可視化は、子どもたち同士が学び合う時に、子どもたち自身が使う

ものだった。(もちろん、教師側も参考にします)

 

という面で、全く意味合いは違いました。

 

ちなみに、上記のようなやり方を、算数ではいつもやっているというわけではありません。

色々なやり方を、その時々で選択して、やっています。

今は、2年生で、かけざん九九の学習をやっていますが、

ここでは、単元内自由進度学習を取り入れています。

 

これについては、また別に書きます!

 

この人も一生懸命お勉強中・・・!

f:id:hiwahiwa3:20171102064152j:plain